ジョギングダイエットってどのくらい走ればいいの!?

ダイエットサプリ、ダイエットドリンク、ダイエットアイテム。ダイエットに関連する商品っていっぱいありますよね。でも、どれを使っても痩せない!という女子は相当数いると思います。なんで効果が全然ないんでしょうかね。

販売サイトとかのビフォーアフターの写真ではみんなすごく効果あったようだし、満足度も90%以上だとアピールされているのに・・・。謎は深まるばかり。その謎の理由・原因は不明ですが、とりあえず私含め、私の周りではその手の商品を使って痩せたなんて人は皆無です。完全に皆無。

で、最近だと地に足付けて痩せましょうってことで、運動・スポーツで痩せる方法なんかも注目度高めですよね。スポーツジムで汗を流したり、スポーツクラブのスタジオでヨガやダンスをしたり。

でも、やっぱり古今東西で実践させる王道のダイエット方法と言えば、ジョギング!有酸素運動のキングオブキング、それがジョギングなのかなと勝手に思っています。海外の人と話をしていても、やっぱいダイエット=ジョギングという考えは海外でも認識あるようですし。

とは言え、簡単に始められるジョギングだけど、どのくらい走ればいいのか分からない人も多いと思います。もちろん目的次第でやり方などは変わるわけですが、今回は「健康的に痩せる為にどのくらい走ればいいのか?」という観点で内容をまとめていきたいと思います。

強度はどのくらいがベストか?

ジョギングと言っても、全力の速度に対して50%程度で走るのか、70%程度で走るのかでは強度が全然違います。強度が違えば消費カロリーも変わってきますので、ダイエット効果に差が出てきそうですよね。というか、強度の違いによって差は出ます。当たり前ですね。では、どのくらいの強度がいいのかということですが、「全力の速度に対して70%前後」が良いと言われています。

楽すぎない程度で少し息が荒くなるくらいが目安です。心拍数を図ったりすればより強度の度合いが分かりやすいとは思いますが、そういったこだわりが継続を阻害したりしますので、まずは「楽すぎない程度で少し息が荒くなる」を目安に強度コントロールするくらいがいいと思います。

何分くらい走ればいいか?

最低でも30分、できれば1時間くらい走るのが良いです。脂肪はすぐには燃えません。一般的には、15分~20分走ると脂肪は燃え始めると言われています。つまり、10分とか短時間だけ走っても、ほとんど脂肪燃焼はしていないということです。有酸素運動がダイエットに効果的というのはみんなが知っている事実ですが、ある程度のまとまった時間で実践することを前提に効果的ってことになります。

頻度はどのくらいやればいいか?

やっぱり毎日やるのが1番いいです。やればやるほど効果を実感しやすくなると思います。が、仕事などの本業があると、どうしても毎日ジョギングするのは難しいという女子も少なくないでしょう。

そんな場合の「最低限このくらいの頻度では実践しましょう」という頻度で言えば、3日に1回くらいですかね。週に2回という感じではありますが、土日だけ走るというよりも、同じ感覚で3日に1回走るのがよいです。ちなみに、3日に1回という頻度は本当に最低限の頻度なので、しっかりと効果を実感したいのであれば、毎日or2日に1回くらいの頻度ではジョギングするようにしましょう。

以上です。今回はジョギングのポイントをまとめました。最後におまけのお話ではありますが、ジョギングしていつもよりカロリー消費すると、その反動でドカ食いしてしまう女子もいます。いますが、ドカ食いしてしまうと、ジョギング効果が弱まってしまいます。

ジョギングによって全身の筋肉を刺激して身体の引き締めに繋がりますので全く効果が無くなってしまうわけではありませんが、やっぱりカロリーの大量摂取は脂肪の蓄積に繋がってしまいます。ジョギング後は水分補給(ビールでの水分補給ではないですよ!笑)をしっかりと行って空腹抑止も含めた身体のメンテナンスを行いつつ、上手くドカ食い防止を行っていきましょう。