白い歯で可愛さUP!煌めくWhite Teethは毎日の習慣から。

可愛い女子と聞いて誰を思い浮かべますか?話題のあのモデルさん、人気のあの芸能人、お騒がせなあの人・・・人それぞれ色々な可愛い女子を思い浮かべるかとは思います。で、それらの女子の共通点は何か?パッチリ二重の目、サラサラの髪の毛、透き通る白い肌、などなどもあるかもしれませんが、「白い歯」も共通点の1つではないでしょうか?

海外では白い歯は美しさの象徴の1つとされており、歯のホワイトニングは非常に一般的なことになっています。会話している時や笑った時などに垣間見える歯、そういう細部の美しさこそ本当の美しさなのかもしれません。そこで今回は白い歯を作る上でのポイントをまとめます。

ポイント1.歯磨き時のひと手間

白い歯になる・維持する為の基本は、やっぱり歯磨きにあります。硬い毛の歯ブラシではなく、柔らかい毛の歯ブラシを使って、ゆっくりと全ての歯をブラッシングするようにしましょう。ゴシゴシと力強く歯磨きをすると、歯茎を傷つけて歯に悪い影響が出てしまいます。歯茎は歯を支えている土台ですから、決して痛めつけるようなことをしてはいけません。

が、多くの日本人は力強いブラッシングで歯茎を傷つけています。優しくゆっくりと歯磨きはしましょう。リラックスタイムだと思って、気持ちを落ち着けて優しくブラッシングするのがGoodです。で、その歯磨きの直前に「歯間ブラシ」をやるのが更に効果的です。ひと手間かけるのは面倒なのですが、何事もひと手間があるかないかで結果が大きく変わるもの。

歯磨きにおいてもそれは同じです。歯磨きの直前に歯間ブラシをやることで、「歯ブラシでは届かない箇所の汚れを落とせ」ますし、「歯間の汚れが落ちることで、歯磨き粉の泡やうがいの水が歯間に流れるようになる」ので汚れをキッチリと落とせるようになります。汚れが残っていれば歯の表面がどんどんボロボロになってしまいますので、このひと手間で是非とも徹底して歯の汚れを落として下さい。

ポイント2.定期的な歯科医院でのメンテナンス

日々の歯間ブラシ・歯磨きを徹底する習慣を身に付けたうえで、やっぱり仕上げはプロにやってもらいましょう。歯のプロである歯医者さんは、定期的に歯の状態を診てくれます。半年に1回くらいのペースで歯の定期診断をして、必要に応じて歯の表面の汚れを落としてもらいましょう。歯ブラシでは落ちない汚れも、歯科医院の機器を使えばあっという間に落ちます。

ただし、だからと言って日々の歯間ブラシ・歯磨きを怠ってはダメですよ!日々の歯間ブラシ・歯磨きは基本動作であり、それを怠ってしまうと歯の表面が溶けてしまったり虫歯になってしまったりします。そもそもの歯の状態が良くないものになりすぎてしまうと、いくらプロが汚れを落とそうが白い歯にはならないです。ベースとして白い歯があるから、プロが磨くことで白さが表れます。

歯そのもの自体がボロボロになっていたり、虫歯状態になっていたりすれば、損傷した部分の歯はどうにもこうにも白くしようがありません。何事も基本が大事、なんていろんなシチュエーションで言われますが、白い歯をGET・KEEPする上でもそれは同じということですね。

以上、非常にシンプルな方法ですし、王道の方法でもありますが、改めて白い歯になる為のポイントをまとめました。何も難しいことはありませんので、是非習慣化してずっと実践していきましょう。女子に生まれた以上、永遠に可愛く見られたいというのは全員の願望かと思います。白い歯は可愛さを構成する重要な1つの要素ですからね!