紫外線を絶対ブロック!でも可愛さキープも絶対!日焼け止めエラビ。

今年も夏間近になってきましたね!まだ5月ではあるものの、25度以上の十分に暑い日が続いております。そして、女子の大敵である紫外線・・・そう、皆さんご存知の通り、GWあたりからは紫外線の脅威が増してきてます。何も対策せずに夏になってしまうと、知らず知らずのうちに微妙な日焼けをしていたり・・・こわい、こわい。

美意識高い女子であれば、どんなに遅くても、この時期から紫外線対策は徹底していきたいですね!やっぱり色白の方が可愛いですもん。というわけで、今回は日焼け止め選びのポイントをまとめていきたいと思います。もちろん、独断と偏見でまとめます(笑)ご参考にして頂くか、して頂かないかは、あなた次第です!

日焼け止め選び3つのポイント

では、早速ポイントをお伝えしていきたいのですが、その前に「日焼け止め選びに対する前提」からお話をします。前提が異なれば、今回の内容は全く役に立ちません。私が想定する前提に対して納得される方のみ、今回の内容をご参考にして下さい。もちろん自己責任で!(笑)

で、その前提ですが「可愛さを維持した上で紫外線を完璧にブロックしたい!」というものになります。変な成分がたくさん入っていて肌が汚く見えたり、そんな日焼け止めはそもそも論外という考えのもと、以下の通り日焼け止め選びのポイントをまとめています。やっぱり可愛くなくちゃヤダ!って人だけこの先を読み進めて頂けると幸いです。

ポイント1.透明な感じであること

年齢を重ねるごとに肌の毛穴って広がってきますよね。そんな広がった毛穴に肌色の濃い日焼け止めを塗ってしまうと最悪。どう最悪かって言うと、「毛穴が超強調されてるんですけどー!?」と発狂したくなってしまうほど。悲惨ですよ、これだと、ほんと。可愛くみせたいし、可愛さを維持する為に日焼け止めを塗っているのに、逆に不細工に見えちゃう、みたいな。

関西弁風にいうと「なんやねん、これ!?」と言ってしまうほど毛穴が強調される事態になることもありますので、色が濃いかどうかをしっかりと確認してから日焼け止めを購入するようにしましょう。インターネット通販で買うなら、その前に店舗でちゃんと商品を確認してから購入することをお勧め致します。

ポイント2.プレストパウダーがイイ

夏はイベント盛りだくさん!海・山・川へアウトドアへ行ったりしたら、いつ日焼け止めが落ちちゃうか分かりません。また、そうでなくとも、真夏に街中を歩いていれば、もうそれだけで汗だくになってしまったりするもの。

日焼け止めのパワーはすぐに失われてしまいますね。そういうリスクがたくさんの夏なわけですが、であれば事前にそういうリスクを想定した日焼け止め選びをするのが賢い女子ってもの。で、そのリスク対策に持ってこいなのが、プレストパウダーの日焼け止め。粉が散らばらずにササッと日焼け止めを付け直せるので、水や汗で日焼け止めの効力が無くなってしまった時でもすぐに塗りなおせます。

透明な感じのプレストパウダーの日焼け止めを使っていれば、鏡が無い場所でノールック直しもできちゃうかも。クリームタイプの日焼け止めだと、しっかりと塗りなおさないとムラが酷くなっちゃうし、厚塗り感が出やすいので要注意ですよ!

ポイント3.持ち運びに便利なものを選ぶ

ササッと日焼け止めの塗り直しをすると言えば、そもそも持ち運びに便利なコンパクトなアイテムを選ぶようにするのもポイントです。ポケットサイズかつ鏡も付いているプレストパウダーの日焼け止めがいいですね。トイレで速攻日焼け止めの塗り直しができちゃいますし、周囲の目を気にしない女子であれば道端で塗り直しするなんてことも可能です。

以上、日焼け止め選びの3つのポイントでした。ちなみに、UVカットの度合いが強い方がいいかどうか言及してないじゃないか!とご意見があるかと思いますが、実はあまりSPFなんちゃらとかの数字は紫外線対策には意味がありません。

数字が大きいものの方がUVカット力は強いのですが、UVカット力が強いものを1日1回塗るよりも、UVカット力は弱くていいから1日に数回塗り直しした方が紫外線からは身を守れます。UVカット力が強い日焼け止めを使っても、夏はどうしても水や汗で効果が落ちてしまいますから、それよりも「ちゃんと1日に何回か日焼け止めを塗りなおすこと!」を徹底した方がいいですよ!ご参考まで。